Pynote

Python、機械学習、画像処理について

seaborn - set() 関数による描画スタイルの指定方法について

概要

seaborn の set() 関数によるスタイルの指定方法

set()

seaborn.set(context='notebook', style='darkgrid', palette='deep',
            font='sans-serif', font_scale=1, color_codes=True, rc=None)

context

描画する線やラベルなどの大きさに影響する。
例えば 'poster' を選んだ場合、ポスター発表用により大きいサイズでラベルなどが描画される。

contexts = ['paper', 'notebook', 'talk', 'poster']

for c in contexts:
    sns.set(context=c)
    ax = sns.lineplot(x=x, y=y, sort=False, lw=1)
    ax.set_title('context={}'.format(c))
    plt.show()


style

グリッドを有効にするかどうか、色などグラフの見た目に影響する。

styles = ['darkgrid', 'whitegrid', 'dark', 'white', 'ticks']

for s in styles:
    sns.set(style=s)
    ax = sns.lineplot(x=x, y=y, sort=False, lw=1)
    ax.set_title('style={}'.format(s))
    plt.show()


palette

配色を決定するカラーマップを設定できる。
seaborn で用意された6種類のカラーマップの他、matplotlib のカラーマップを選択できる。

pynote.hatenablog.com

palettes = ['deep', 'muted', 'bright', 'pastel', 'dark', 'colorblind']

for p in palettes:
    sns.set(palette=p)
    ax = sns.lineplot(x=x, y=y, sort=False, lw=1)
    ax.set_title('palette={}'.format(p))
    plt.show()